河辺建設のこだわりの木の家

かわべのギャラリー

河辺建設ヨメ物語

HOME > かわべのギャラリー > リフォーム・リノベーション

【店舗】書店

ビル一階の倉庫が
この度、店舗として生まれ変わりました。

これからも
町のみなさんに愛される店舗として
歴史を刻んでいかれることだと思います。

これからもまた楽しみです。



【リノベーション】明るいバリアフリーの家 

☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆
工事種類:リノベーション
築年数 :30年
建物  :マンション
工事期間:2.5ヶ月
☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆

70代のご夫婦が戸建住宅からマンションへ生活の場を変えるための
リノベーションです。

ご家族みんなで、
そしてひとつづつじっくりと決められた仕様のご新居。
温もりある住まいになりました。








明るい玄関






廊下の壁をクロス貼りにして明るい廊下に。







和室+ダイニングキッチンをLDKに







畳を無垢のフロアーに変更
和室+ダイニングキッチンをLDKに






トイレ⇄廊下に5儖幣紊△辰臣丙垢魏鮠
手すり取付



【リノベーション】アトリエのある家

☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆
工事種類:リノベーション
築年数 :40年
建物  :木造2階建
工事期間:4ヶ月
☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆

ご家族構成も変わり
第2のライフワークをスタートさせると同時に
家のリノベーションもスタートしました

自宅の一部が
アトリエ&こども絵画教室に変身
これからここに集まるこどもたちのにぎやかな声が
家の中、そして町を明るい雰囲気にしてくれる様子が
目に浮かびます





家全体






縁側を減築






玄関ドアを入ると・・・






一番景色の良い2階は、寝室からLDKに






トイレの高い位置にステンドグラス(室内側)







想い出の詰まった元リビングだった部屋がアトリエに!
窓は室内側に断熱内窓を入れて断熱効果を高める

【リフォーム】キッチンリフォーム

築45年の住宅で8帖のDK
間取りと敷地を考えて
現状の広さをそのまま活かした設備取替えリフォーム工事です






吊り戸棚は高い位置に設置されており
これまでもこれからも使用予定なし
取り外すとその部分の処理が必要になるのであえてそのままに




左側に勝手口
これまで勝手口の降り口前に奥行きの深い家具を置いていたため
ここのスペースがデッドスペースとなり通り抜けできないようになっていた
奥行きの浅い食器棚をこの場所に配置換えし勝手口が使いやすくなった




食器棚を冷蔵庫横に移動させたので
残ったスペースに左の家具と同様 腰高の家具を置いて
その上に家電(電子レンジ、オーブントースター、湯沸しポット等)を並べることをご提案
食卓のすぐそばの位置に家電が並ぶので家族も使用しやすくなる



限られたスペースをいかに使いやすくするか?

今回は模様替えの延長のリフォーム
ちょっとした家具の配置を変えるだけで
これまでより使い勝手が良くなります

【リフォーム】水廻り配置変更リフォーム

☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆
工事種類:リフォーム
築年数 :40年
建物  :木造2階建
工事期間:2ヶ月
☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆

これまで住んでいた方からみるとこれから住む方は孫世代
生活スタイルが違うのは当然
できる事なら全てをリニューアルしたいところ
そこで優先順位をつけて今回のリフォーム工事の内容が決まりました。

●浴室0.75坪(1216サイズ)を1坪(1616サイズ)へ
●増築は希望しない
●寝室とリビングを繋げて明るくしたい
●玄関は防犯対策で開きドアに変更

まずは浴室。
増築せずに・・・との条件のため
浴室を広げると必然的にどこかが狭くなる
間取りからするとキッチン。
勝手口は使用しないとの事なので
水廻りの位置を多少変えトイレスペース分キッチンから削りました。
これまで勝手口からキッチンに入ってすぐの場所は
通路スペースのため家具等のものは置けなかったはず。
だから削っても使い勝手は良くなっています。

キッチンに限っては
広いから使いやすい・・・ではなく
家事作業中、動きが少なくて必要なものが取れる広さが理想です。
まさに今回は、理想の広さです。





〔工事前〕キッチン

〔工事後〕キッチン




これまでの和風スタイルの引違いドアから洋風の片開きドアに取替え

〔工事前〕玄関

〔工事後〕玄関

このページの上へ

HOME | お知らせ | こだわりの木の家 | かわべのギャラリー | 地球にいい暮らし | 会社概要 | お問合せ