河辺建設のこだわりの木の家

かわべのギャラリー

河辺建設ヨメ物語

HOME > かわべのギャラリー > リフォーム・リノベーション

【リフォーム】キッチンリフォーム

築45年の住宅で8帖のDK
間取りと敷地を考えて
現状の広さをそのまま活かした設備取替えリフォーム工事です






吊り戸棚は高い位置に設置されており
これまでもこれからも使用予定なし
取り外すとその部分の処理が必要になるのであえてそのままに




左側に勝手口
これまで勝手口の降り口前に奥行きの深い家具を置いていたため
ここのスペースがデッドスペースとなり通り抜けできないようになっていた
奥行きの浅い食器棚をこの場所に配置換えし勝手口が使いやすくなった




食器棚を冷蔵庫横に移動させたので
残ったスペースに左の家具と同様 腰高の家具を置いて
その上に家電(電子レンジ、オーブントースター、湯沸しポット等)を並べることをご提案
食卓のすぐそばの位置に家電が並ぶので家族も使用しやすくなる



限られたスペースをいかに使いやすくするか?

今回は模様替えの延長のリフォーム
ちょっとした家具の配置を変えるだけで
これまでより使い勝手が良くなります

【リフォーム】水廻り配置変更リフォーム

☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆
工事種類:リフォーム
築年数 :40年
建物  :木造2階建
工事期間:2ヶ月
☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆

これまで住んでいた方からみるとこれから住む方は孫世代
生活スタイルが違うのは当然
できる事なら全てをリニューアルしたいところ
そこで優先順位をつけて今回のリフォーム工事の内容が決まりました。

●浴室0.75坪(1216サイズ)を1坪(1616サイズ)へ
●増築は希望しない
●寝室とリビングを繋げて明るくしたい
●玄関は防犯対策で開きドアに変更

まずは浴室。
増築せずに・・・との条件のため
浴室を広げると必然的にどこかが狭くなる
間取りからするとキッチン。
勝手口は使用しないとの事なので
水廻りの位置を多少変えトイレスペース分キッチンから削りました。
これまで勝手口からキッチンに入ってすぐの場所は
通路スペースのため家具等のものは置けなかったはず。
だから削っても使い勝手は良くなっています。

キッチンに限っては
広いから使いやすい・・・ではなく
家事作業中、動きが少なくて必要なものが取れる広さが理想です。
まさに今回は、理想の広さです。





〔工事前〕キッチン

〔工事後〕キッチン




これまでの和風スタイルの引違いドアから洋風の片開きドアに取替え

〔工事前〕玄関

〔工事後〕玄関

【リノベーション】男前ジャパニーズスタイル

☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆
工事種類:リノベーション
築年数 :80年
建物  :木造平家
工事期間:3ヶ月
☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆

これまで何度かリフォームを重ねてきた
築80年の家。
今回は、床壁天井に断熱材を入れ床下地を補強し柱の歪みを整え
同時に間取りの変更をするリノベーション工事です。




ご主人からのリクエスト・・・
●焼酎棚が欲しい

奥様からのリクエスト・・・
●家族で楽しく宴会できるスタイルに
●洗面所の入口をいつでも入りやすい位置に変更



このような感じでご提案





キッチン寄りの部屋の中心に撤去できない柱があり
それを活かして対面式キッチンに。
対面カウンターの上部に焼酎棚を設置し
ダイニング側ではいつでもにぎやかな宴会が始まりそうです






今回の工事で
約80年前の板張りの天井があらわれそのまま利用





トイレは色使いをヴィンテージ風に




玄関横には奥様の描いた絵をステンドグラスに


室内の灯りがステンドグラス越しにやさしく外を照らします


この窓はネコちゃん用のぞき窓
ご主人のお帰りをここで待っている様子を想像してしまいます


あったかなご家族の暮らしが
また新たにスタートします

【リノベーション】陽当たり良好快適DKへ

☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆
工事種類:リノベーション
築年数 :100年
建物  :木造平家
工事期間:1ヶ月
☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆

築100年近くの家、随所に見られる贅沢な仕上げの玄関。
null
職人さんの技を感じます。

時代と共に暮らし方も変わり
現役引退後のご夫婦はセカンドDKで過ごす時間が長くなりました。
しかし、この部屋は陽の入らない家の奥まった場所。
かつて2世帯として暮らしていた頃の
ご両親専用のメインDKと浴室は家の一番陽当たりの良い場所にあり
しかしそこは10年以上も使用されていない部屋に。

荷物も増えてきて
何をどうしていいかわからないけど
快適に過ごしたい・・・


とのご相談をいただき
かつてのメインDKと浴室スペースのリノベーションが始まりました。




〈工事前〉

浴室は今回撤去してこの空間をワンルームのDKとして使用したいとのご希望




〈3プランのご提案〉


毎日使うキッチン。
ストレスのないように少しでも快適に使いやすく配置したい。
そこで次の3プランをご提案しました。

Aプラン/キッチン供淵瀬屮襯▲ぁ坊
 ●作業動線が短いため作業がしやすく、大きな収納スペースを確保できる。
 ●ワークトライアングルのバランスが他プランより良い。
 ●キッチンの手元が隠せるので調理中の来客でも気にならない。

Bプラン/キッチンL(エル)型   
 ●シンク、加熱調理機器をL字に並べたキッチン。シンクと加熱調理機器をL字の両方に振り分けて並べると作業がしやすい。
 ●ダイニングテーブルへの配膳がしやすい。

Cプラン/キッチン機淵▲ぁ坊拭  
 ●シンク、加熱調理機器を1列に並べたキッチン。冷蔵庫や食器棚などを配置しやすい。
 

以上の各々特徴を比較しながら
日頃の生活スタイルも考慮し
Aプランに決定しました。


★ワークトライアングル
冷蔵庫、コンロ、シンクを結ぶ作業動線をワークトライアングルといい、
これがバランスの取れた距離で配置されていると効率よく作業が進められると言われています。




〈施工後〉

天井は梁を活かし、床には床暖房、壁には断熱材を施工。




〈勝手口付近〉



勝手口からの目隠しと昇り降りの手すりを兼ねた縦格子




〈DK⇄リビング〉



全開口もできる圧迫感のない透明のアコーディオンカーテンを取り付けて行き来を可能に


明るくなったDK。
とても快適で今まで以上にDKで過ごす時間が増えたよ!!と喜んでいただいています。

【リノベーション】平家2世帯/モダン和スタイル

☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆
工事種類:リノベーション
築年数 :50年
建物  :木造平家
工事期間:3.5ヶ月
☆☆☆☆☆★☆☆☆☆☆

築50年の家を2世帯同居を機会にリノベーション工事
ご家族からのリクエストは
《ぬくもりのある空間・家族の集う空間・仲間の集う空間》にしたい!!でした

工事内容は
壁で隠れる部分(柱の補強、壁の補強、シロアリの処理、一部屋根の葺替、床・壁・窓の断熱)の改修と
これからの家族構成と暮らし方にあった間取りの変更

2月の寒い時期に始まり
お引越、仮住まい、ショールームでの設備確認、色確認、クロス選びなど
あわただしい3.5ヶ月間でしたが
ようやくこの度お引渡しを完了いたしました

きっとこれから
家族や仲間が集うにぎやかなお住まいになることでしょう。



〔玄関・ホール〕


null






木目調の壁を白いクロスへの貼替えで
明るい玄関に
ご両親との同居のため、玄関に手すりを設置。




〔ダイニングキッチン〕



できるだけ多く自然光を取込むように
キッチンの向きを壁付けから対面に変え
大きな掃き出し窓に変更しました


〔リビング〕



リビングとダイニングとの仕切りを撤去し
LDKのワンルームへ
障子を新設しモダン和風スタイル



〔縁側〕



リビングの延長に設置されていたサンルームを撤去し
奥行きのあるウッドデッキを設置
気候の良い季節にはお昼寝も・・・



〔梁〕

天井裏に隠れていた梁が50年ぶりに現れました



そしてお引渡しの後に
ご夫婦からいただいたお手紙です・・・



感激です❤

このページの上へ

HOME | お知らせ | こだわりの木の家 | かわべのギャラリー | 地球にいい暮らし | 会社概要 | お問合せ