河辺建設のこだわりの木の家

かわべのギャラリー

河辺建設ヨメ物語

英国のコンドミニアム風キッチン

築20数年のマンションでのキッチンリフォーム。

きっかけは、システムキッチンの扉蝶番がゆるみ扉がほとんどはずれてしまった事・ガスコンロの火が点きにくくなってきた事・換気扇の汚れがひどくなった事でした。そこでキッチン取替・床の張替・コンセントの増設を伴ったリフォームをしました。

異国の風を感じる奥様のインテリアのセンスもあいまって、とてもステキなキッチンに仕上がりました。



 
キッチン横収納は当初パントリーとして設けてありましたが、家電収納庫として利用するため扉をはずしコンセントを増設しています。




 
床は、クッションフロアーからフローリングに張替ました。

システムキッチンとの色の統一により、キッチンの広がりを感じさせます。




 
引出タイプのキッチンに入替えたことにより、収納量が以前より増し、吊戸の必要性がなくなりました。

おかげで圧迫感もなくなり、そこにはキッチンワークが楽しくなる“明り”を設けました。

家族で団欒のキッチン


一段下った勝手口の出入りやキッチン下の収納物の出し入れが、奥様にとってだんだんつらくなってきた事がきっかけでリフォームすることになりました。

北側にあったダイニングキッチンと南側のリビングとの間仕切もなくしてLDKに。お客さまにとって、とてもメリットの大きいリフォームとなりました。




キッチンの向きを変え、勝手口の代わりの掃出し窓をキッチンの元あった場所に設けました。窓の外には床と同じ高さのウッドデッキを造り、ゴミのストックや洗濯物干し等、頻繁に行う出入りも楽にできるようになりました。




冬場のキッチンの寒さは、床暖房を設けることで解消しました。
LDKを一部屋にすることで、キッチンとリビングの温度差もなくなり、又家事をしながらリビングに居る家族との会話もでき、ご家族みんなが安心して快適に寛げるスペースになりました。

このページの上へ

HOME | お知らせ | こだわりの木の家 | かわべのギャラリー | 地球にいい暮らし | 会社概要 | お問合せ